キャバ嬢のお仕事のおかげ

普通に就職してたらこんなに稼げなかったと思います

高校の同級生の中には学校を卒業したら何の仕事がしたいかや大学に進学して将来の目標を立てているような子がたくさんいました。でも私はその当時、特に何の目的も無くて色んな意味でやる気のない感じの子でした。高校を卒業してからも特に働きたい仕事がないので近くの本屋さんでバイトしたりコンビニでバイトしたり、短期のイベントのバイトをしたりで色んなバイトを求人で見ては短期で働く事を繰り返していました。両親からはちゃんと普通に就職しなさいとよく言われましたが、自分がやりたい仕事が見つからないままでした。そんな感じで軽い気持ちで夜のバイト、キャバクラでも働き始めたんですが、仕事をしてみるとこれまでのバイトよりも楽しくて1年以上同じところで働いたことのない私が2年も働いています。自分が楽しいと思って仕事しているおかげか指名してくれるお客さんもたくさんいて、普通に就職してたら稼げないくらいの収入になっています。人生ってわからないもんですね。

女性画像

最高に楽しめるバイト

とことんバイトとして働くのであればキャバクラで働くのが一番稼げると思うのです。私はこのアルバイトを結構好きでしているんですが、正直個人的にはいろんな思いのある中で沢山楽しい結果を出させてもらっています。求人にも紹介されていますがいろんな接客をしますので、正直好きな人にとってはいいのかもしれませんが、嫌な人にとっては本当に面倒くさいと思われるのがキャバクラです。私自身はもちろんいい印象でいたいので、色々と接客をさせてもらいました。中でもとにかく最高に楽しいと思えるような内容の接客を心がけていたことで、働くがわとしても嫌な気が全くしない状態で働けたんですよ。そうやってくると非常に強くなれるんですよ。とにかくしっかりとした対応をさせてもらいましたので、心の底から楽しいと思えるようになりました。結構いろんな人がやって来るので、求人にあるような接客のいろはというものはなかなか教えてもらうことが出来ませんが、もう少し働いていたらしっかりとしたレクチャーを教えてもらえるんじゃないかと思います。

遅刻は絶対ダメ!マナーだよね

バイトでもしようかと思って求人をいくつも見ていたときふいにキャバクラの求人で気になるものがありました。時給がものすごく高い設定だったのでこれならイケる!と思ったんです。早速求人からキャバクラのお店で面接を受けてバイトに向けて動き出しました。体入の日になってまた私とは別に女の子が面接に来ると言われていました。でもその女の子は30分くらい遅刻してきてラフなサンダルを履いてきたんです。私でさえもちょっとそれは違うんじゃないかなって思いましたが、やはりスタッフからは厳しく注意されてたようでした。もちろん、面接の時点で採用はなかったみたいです。自分の体入のときだからすごく緊張していたのにこの遅刻の件はとっても良く覚えています。体入が終わってから先輩の女の子たちが声をかけてくれて、そのときもこの業界は遅刻は絶対NGなのよって教えてくれました。同伴のときなどは特にダメで時間には厳しいということを知っただけでも良い体験でしたよ。